チェンマイのソンクラン2018年。色んな会場と2017年の様子。

chiangmai sonkrang チェンマイ

タイ全土で行われる水かけまつり・ソンクランがもう間近となりました。

ソンクランの盛り上がり度合でいくとチェンマイはなかなか派手で、人が多いエリアに行くともう頭からずぶ濡れになります。

昼間に水かけ祭りに参加するとなるとお堀周辺やターペー門のあたりに人が集まっていますが、夕方以降はMAYAやFestibalでも独自イベントとしてライブ兼水かけ祭りを開催しており、昼間のソンクランとはまた変わって面白いですよ。

私は今年は参加しませんが、今年のイベント情報と去年の様子をご紹介します。

ソンクランの注意点

初めて参加する方に、大した内容ではありませんが少しだけ。

全身塗れるから貴重品は防水バッグに

頭から水をかけられるため普通にスマホを持っていたら確実に濡れてしまいます。タイ人も使っていて、どこでも売っているビニール製の小さなポーチを買ってその中に入れることをおすすめします。

水がきれいかどうかは不明

お堀周辺のソンクラン限定?かもですが、普通にお堀の水をぶっかけられます。
飲んでしまうことはあまり無いと思いますがきれいな水かどうかは個人差があるので、もしお堀の方へ行くならその可能性もあるよ。ということで。

水が冷たい時もある

氷で冷やしたつめたい水をかけられる事もあります。だいたい皆ぬるい水をかけてくるので、いきなり冷えたお水をかけられると結構びっくりします。

いつまでもやってる人がいる

こっちは水かけをするつもりじゃないのに、水をかけられることも当然あります。昼間ならまだ仕方ないです。が、夕方になってさぁご飯を食べに行こうかと出かけたタイミングでかけられるとツライ。

ローカルな路地でタイ人はもう撤収してるのに、酔ったファランがいつまでも水をぶっかけてたりします。日が暮れてから水を被ると普通に寒いので、やめて欲しいです。

風邪ひかないようにお気をつけください。

ターペー門・お堀周辺

というわけで去年のターペーやお堀周辺のソンクランの様子です。

撮影した動画のスクショなので画質があんまりですが、だいたいの雰囲気はわかるかなーと思われます。

chiangmai sonkrang

chiangmai sonkrang

chiangmai sonkrang

みんなこうやってぞろぞろ歩きながら水を汲んで、人にかけて・・・の繰り返し。

chiangmai sonkrang

みんなずぶ濡れ。

chiangmai sonkrang

お堀沿いに人がたくさん・・・

chiangmai sonkrang

プールかのように泳いでいる人も。

chiangmai sonkrang

伝統衣装を着て踊る人たちや、お神輿が通る道も人が沢山。

chiangmai sonkrang

数年前はターペー門の辺りにステージができて爆音で水かけイベントをやってましたが、今年は復活するのかな??

chiangmai sonkrang

ものすごいホースで頭から水が・・・

chiangmai sonkrang

ちびっこギャング。

chiangmai sonkrang

↑これはもう帰り道ですが、チェンマイ中にこんな人たちがうろうろしています。

背中にしょった黄色いのは水鉄砲のタンク。

chiangmai sonkrang

やれやれ帰ってきた・・・と思ったら最後にまた水を浴びることに。

昼間は子供たちによく水をかけられます。

 

ざっくりでしたが、だいたいこんな感じでどこに居ても水はかけられるし、盛り上がっているところに行けばあっという間に全身ずくずくになります。明るいうちは日向にいれば寒くないので問題無し。

MAYA@ニマンヘミン

ニマンにあるMAYAも独自のソンクランイベントをやってます。入場無料。

MAYAニマン

あっイベントは今日(12日)からのようですね。16日までの5日間開催と長め。

歌手が来てのライブが主な内容ですが、ライブに参加しなくともMAYA周辺自体に人がたくさん集まっていて皆びしょ濡れになっています。

夜になるとライブ会場に入る列が伸びてとても並ぶ気にはなりませんが、爆音でMAYAの周りにいれば音や光は十分わかるので、盛り上がってるなーというのを感じる事は十分可能。

去年はMAYAのお向かいにあるシンクパークでもイベントというか、ひたすら爆音と泡まみれになるエリアを設けてました。夜だし暗いし泡だらけだし、なんかすごかったです。

ということでMAYAの去年の様子をちょっとだけ。

MAYAニマン

MAYAのライブの様子が映し出されています。
周辺は車でいっぱい。

MAYAニマン

びしょ濡れになってもMAYA館内に入ることはできますが、クーラー効いてるのでかなり寒いです。

MAYAニマン

暗くなるとますます盛りあがるライブ。

会場の外から眺める人もいっぱいいました。

MAYAニマン

↑こちらはMAYAお向かいのシンクパーク。人がいっぱいです。

シンクパークはDJみたいな人がいて、こちらはこちらでかなり盛り上がってました。ドラえもんの曲もかかってましたよ。

MAYAニマン

泡が噴出されている付近は大混雑。

MAYAのフェイスブックページはこちら。イベントの日程や様子を投稿してくれています。(タイ語なので、翻訳機にかけてください)

CentralFestival

スーパーハイウェイ沿線でMAYAより交通の便が悪いですが、こちらも敷地が広いだけにお客さんがたくさん居て盛り上がっていました。

CentralFestival Chiangmai

今年は13ー15日の3日間開催されるようです。入場無料。

こちらは恐らく今年もそうなのですが、会場内でビールが買えるようになっているためか20歳以上の人しか会場に入ることができません(もちろんフェスティバルの館内はいつも通り誰でも入れます)。

ライブ会場の入り口で身分証を呈示しなければいけないので、行く予定のある人は免許証やその他年齢が分かるものを持って行くことをおすすめします。

CentralFestival Chiangmai

ライブ会場の外側にあるフリースペースも人がいっぱい。

見にくいですが右端に写ってる緑のテントが提供であるチャーンビールのブース。

CentralFestival Chiangmai

ライブ会場内も人がいっぱいでステージは遠い。

CentralFestival Chiangmai

タイ人もサイリウムを振ったり歌ったり、とても楽しそうにしていました。

ステージ付近が一番水を被ると思われますが、後ろの方も細いホースでちょろちょろ水がかかりました。とはいえ、ソンクランといいつつもメインはライブのようです。

CentralFestival Chiangmai

セントラルフェスティバルのファイスブックページはこちら。

↑このページは公式ページだと思うのですが、なぜか地図が全然違っているのでご注意ください。

セントラルフェスティバルの場所は下のグーグルマップの場所になります。

コメント