メーサロン村。一泊旅行の全体像。

メーサロン夕焼けスポット チェンライのメーサロン村

チェンライ県メーファールワン郡にあるメーサロン村。

チェンライ市街からは最短ルートで約60km(チュイフォン茶畑経由ルートなら約77km)離れており、後半はしっかり山道なのでバイクにしても車にしても坂道・曲り道が多い道程になります。

チェンライ市街からチュイフォン茶畑を経由してのメーサロンまでは、ざっくりこんな感じ。
↓↓

ご参考までに、チュイフォン茶畑からメ―サロン村は約35km。レンタルバイク(スクーピー)で急がず走って1時間15分ほどかかりました。坂がきついのでエンジンがすこし焼けそうな場面も。

 

海抜1200メートルの高さにあり、年間を通して涼しい気候なのでタイ人からも避暑地として人気の観光スポット。また、その気候がお茶の栽培に適しているためウーロン茶(台湾から入った品種)がメーサロン村のOTOP製品(一村一品運動)となっているようです。

村が山のほぼ頂上付近に位置しているだけあって、村自体が坂道で構成されているのが面白いです。景色も良いですよ。

メーサロンの見どころ

Tea Plantation 101

見どころに挙げておきながらあれですが、実際の旅行時にはほぼ素通りでちゃんと見ませんでした。でも横の道を通っただけでも一面の茶畑が横目で伺えます。

メーサロンの村では路面屋台やカフェ・ホテル・ご飯屋さんなどでこのメーサロン産のお茶を販売・試飲しており、滞在の間に自然と何度も口にすることになります。「あの茶畑のお茶か~」と思いを馳せることもできるので、茶畑に寄る時間がある方は見に行ってみると楽しそう。

Tea Plantation 101/ไร่ชา 101

メーサロン山の夕日スポット/จุดชมพระอาทิตย์ตก

メーサロン夕焼けスポット

時間が押していて夕日が沈むのを見る事はできませんでしたが、山並みが一望できるかなり景色の良い場所でした。小さいビュースポットながら夕焼け前から人がちらほら集まってきていたので、繁忙期は結構混むかもしれません。

メーサロン夕焼けスポット

↑の写真を撮ったとき、時間は夕方の5時40分頃。夕焼けになるまでにはまだ時間がかかりそう。

メーサロンで食べたもの

以下は、メーサロンで寄ったカフェやお食事のお店です。

なんとなく夜は店じまいが早いように感じたので、気になるお店は早めに来訪することをおすすめします。万が一全てのお店が閉まってしまっても、セブンイレブンが1店あるので少し安心。

美味しいメ―サロン山のコーヒー

日中のあまりの暑さに、メーサロンに着いてすぐカフェへ。この村の一押しは完全にお茶ですが、メーサロン山のコーヒー豆を使用したドイメーサロンコーヒーもなかなかですので立ち寄ってみてはいかがでしょう。

コーヒーの感想記事→ドイメーサロンコーヒー/Doi Mae Salong Coffee

ドイメーサロンコーヒー/Doi Mae Salong Coffee
チェンライは有名なコーヒー豆の産地が複数あり、チェンライでしか飲めない美味しいコーヒーが飲めるかなーと楽しみにしていました。 チェンライ市街からバイクで2時間以上かかるこのメーサロンの町にも、「メ―サロン山」のコーヒー豆を使っ...

中国村と言えば!の雲南餃子・雲南麵

せっかくの中国村なので、やはり美味しい餃子は食べたておきたい。

いかにも中国村らしい優しいお味で美味しかったのでおすすめ。

雲南餃子の感想記事→メーサロンの美味しい餃子@雲南麵餃館/ร้านบะหมี่ยูนนาน/バミーユーナーン

メーサロンの美味しい餃子@雲南麵餃館/ร้านบะหมี่ยูนนาน/バミーユーナーン
メ―サロンのカフェオーナーさんに教えてもらった美味しい餃子のお店のうちの1つが、雲南麵餃館。 遅めの朝ごはんを食べに行ってみました。 セブンイレブンの前を通って坂を少し下ったすぐ右手にある、間口の広いお店。 店...

メーサロンの夜ご飯/ร้านอิ่มโภชนา/Imm Pachana

メーサロンの美味しい夕ご飯

メーサロンコーヒーのカフェを右手に通り過ぎて少し進みむと土手のうえお店が集まる一角があります。その端にある、イムポーチャナーอิ่มโภชนา。

グーグルマップ情報では営業は夕方7時まで。6時にお店に入り7時ぎりぎりまで滞在しましたが追加注文にも応じてもらえ、感じの良いお店でした(片付けは少し始めてたけど)。

メーサロンの夕ご飯

辛いメニューはしっかり辛めではあるものの、中華とタイ料理のあいの子みたいな味でちょっと変わってて美味しかったです。

お茶の葉のヤム(和え物)も、緑の柔らかい茶葉がたくさん入ってました。流石お茶どころ。
サラパオも蒸したて熱々。

今回は時間が少なかったので、今度ゆっくりここでご飯食べたいなー。

あと、2月の夕方陽が暮れてからは極端に気温が寒くなります。ここでご飯を食べてるうちにみるみる気温が落ちて、半袖だっかたら後半凍えそうに寒かったです。

อิ่มโภชนา/Imm Pachana/イムポーチャナー
TEL:089 637 5290
時間:8時~19時(グーグルマップ情報なので正しいか不明)

朝市/MaeSalong Morning Market

お宿は朝食抜きプランだったので、朝暗いうちから近所の朝市へ出かけました。

ただでさえ坂道なメーサロン。朝市は更に急な坂をぐいっと超えた先にあります。

メーサロン朝市。モーニングマーケット

朝6時過ぎ。まだまだ暗いし、全体的に準備中モードが漂います。

メーサロン朝市。モーニングマーケット

野菜や食材は結構売られていました。

メーサロン朝市。モーニングマーケット

豆乳&パートンコーのお店。

地元の人たちらしき皆さんも豆乳と揚げパンを食べていました。

メーサロン朝市。モーニングマーケット

暗すぎますが、↑こちらはカオプック。黒米と胡麻を混ぜた生地を炭火で焼いてお餅みたいに膨らんだらキビ糖を塗って食べる軽食です。優しい甘さでとても美味しい。

 

メーサロン朝市。モーニングマーケット

↑少し朝焼け。外は寒いので防寒はしっかり。

 

メーサロン朝市。モーニングマーケット

↑帰り、駐車場では油麺(?)のようなものも売られてました。

大きくもないけど小さすぎもしない、ローカル色の濃い朝市でした。

メーサロンの宿・ホテル

メーサロン村の中に宿はたくさんあるようで、あちこちに看板がかかっています。

今回泊まったところは飛び込みで当たってみて1泊600バーツでしたが、後でアゴダで確認してみたところ同じお宿が1泊1000バーツ前後の料金設定ということが判明。前もって予約しておくと安心ではありますが、当日交渉も安くおさえられる可能性がある場合もあるのでその辺は悩ましいところ。

宿泊したお宿の記事→メーサロンのお宿。Hill Top Home

メーサロン/Mae Salongで泊まったお宿・Hill Top Home
メーサロンは観光の町なだけあって、民宿やホステル・リゾートが多いです。 2月下旬にメーサロンに宿泊した際、宿のオーナーさんが「明日は中国人の団体客が30人くるよ」と言っていたのでタイミングが悪ければ目当てのお宿は埋まるかも?し...

 

ここ最近中国村によく行く機会がありましたが、その中でも1・2を争うほど良い雰囲気の場所でした。行くまではちょっと大変ですが、なかなか良いです。

 

メーサロン村関連の記事はこちらに一覧があります。
・・*・メーサロン村1泊旅行

 

コメント