ミャンマーの国境・メーサイのイミグレ陸路30日延長&バス停近くの美味しい中華

メーサイの中華 チェンラーイ

日本人はタイへのビザなし入国では30日間の滞在が許されます。

近年は長期滞在目的の陸路出入国がかなりやりにくくなっていたものの、知らぬ間にまた近隣国境での出入国による滞在延長ができるようになったという噂を聞いて、タイ・ミャンマーとの国境であるメーサイに行ってみました。

結果的に、2018年3月の段階で、かなり簡単にメーサイ・タチレクの出入りで30日の滞在が降りました。いつまでこれが続くかは謎ですが・・・

メーサイ行き。グリーンバスのチケットを入手する

グリーンバスHPより

チェンマイ-チェンライ経由-メーサイ間はグリーンバスが、2018年3月現在上記のタイムスケジュールで往復しています。

英語表記あり・GreenBus-timeTable

時期にもよりますが、当日窓口で買おうとすると売り切れていることも少なくありません。遅くとも前日(それも怪しいかも)、できるだけ早く購入することをおすすめします。

チェンマイからメーサイまでは5時間弱。
国境イミグレでの手続きにかかる時間も考えて、日帰りなので朝8時チェンマイ発・夕方4時半メーサイ発のバスチケットを購入。

バスのクラスを迷う場合は一番上のVクラスをおすすめします。Vクラスならお尻クッションの厚みもあるし、広くゆったり座れます。チェンライの山道はバスががたがたして、Xクラスでも長時間は色々ツライので・・・。

 

グリーンバスのチケットは窓口で直接購入してもいいし、アプリからオンライン購入が可能です。アプリ使用の場合はクレジット決済もできますが手数料がかかるので、セブンイレブンでの支払いがお手軽。

チケット予約後2時間以内にセブンイレブンのレジで予約番号を見せて料金を支払うだけです。

引き換えにレシートがもらえるので、乗車当日にグリーンバスの窓口で正式なチケットの交換してもらえばOK

グリーンバスでメーサイへ

朝8時発のバスに乗るため、バス停(ボーコーソー)へ向かいます。

↑奥に見えるのが色んなバス会社が集まるバス乗り場。グリーンバスもここから発着しています。

↑バス停の周囲にはバイク預り所があります。24時間利用可能。バイクは1日10バーツで預かってくれます。安い!

 

グリーンバス・チェンマイ

メーサイ行きのグリーンバス。ナコンチャイエアーといい、意外と時間に正確に発車するので遅れないようにお手洗いや買い物はお早めに。

 

↑Vクラスのシート。1クラス下のXクラスとは明らかに違います。

寒さで有名なタイの長距離バス。近年はあまり寒くないなーと思っていましたが、グリーンバスのVクラスは寒めでした(その前に乗ったXクラスはそうでもなかった)。靴下やはおりものがある方が良さそうです。

 

↑バスでもらえるお水とおやつ。

↑セブンイレブンで自分で買ったおやつ。お腹が空きすぎると酔うので簡単に口に放り込める食べ物は必須。

左はバナナにタマリンドジャムを挟んだもの。さくさくして甘酸っぱい。かなり美味しい!!おすすめ!!!ただどこのセブンでも置いてるものでは無さそうなのが残念。

右のクマのグミはパッケージが可愛かったので買っただけです。味は極めて普通。

 

チェンライのバス停で10分程度の休憩があるものの、それ以外はノンストップ。バスは暇なので寝るに限りますzzz

バスに乗ると酔ってツライという方は、タイで手軽に買える酔い止め薬があるのでそれを使ってみてもいいかもしれません(強い薬なので短時間のバスでは使わない方がベター)。

メーサイの国境へ

チェンマイから5時間弱、メーサイに着いたら次は乗り合いバス(ソンテウ)に乗り換えです。

メーサイ国境へソンテウ

バスを降りたすぐの場所で待ち構えてくれているので探す必要はありません。料金は1人15バーツ。15分ほどで国境の目の前に到着します。

 

メーサイイミグレ

数年前にメーサイのイミグレに行った時は、出入国で滞在を延長しようとする外国人が大量にいて時間がかかったのですが、今は軍事政権のお陰で(?)並ぶこともなくスムーズに手続きが進みました。

手続きはほぼ流れ作業です。

タイ側のイミグレでパスポートを見せて出国。

ミャンマー(タチレク)との境目の橋に出て、ミャンマー側のイミグレで一時入国の手続きをする(500バーツor10$が必要)。

タチレクの国境

ミャンマーへは一切入国せずタイへとんぼ返りすることも可能ですが、時間があったので橋を越えてすぐの市場をちょっと見に行きました。

その場合はイミグレにパスポートを預ける必要があり、代わりに引き換えチケットのようなものをもらえます。

 

タチレクの市場

ミャンマー側の町、タチレクの国境すぐにある市場。

意外と普通でした。

タチレクの市場

数年前までカオスな空気が漂っていたようですが、まったくそんなことも無く。

タチレクの市場

タチレクの市場

ファッション系や毛布、タナカパウダーや軽石?のようなグッズがたくさん売られていました。

ドイチャンコーヒーがあったのでコーヒーを飲んで、滞在30分ほどのタチレク観光終わり。

ここの店員さんは電話で話しながらオーダーを取って、電話が終わったあとは注文を受けたことを忘れたらしくそのまま放置されました。こちらがまだですかと声をかけると、思い出した顔をして急いで作ってくれましたが・・・・・・

 

さてタイ側に帰ります。パスポートを返してもらって(パスポートを預けた場所と反対側の窓口になります)、タイのイミグレへ。

 

タイ出入国カード

面倒ですがまた出入国カードに記入。これ↑は見本。

イミグレでは特になにを聞かれることもなく、あっさり30日のスタンプを押してもらえました。最近の空港イミグレよりよっぽと楽。

 

用が済んだら元のバス停へ戻ります。セブンイレブンの前からソンテウが発着しており、満席で乗れなくても10分~15分おきくらいに次々出るので安心。

 

その前に、メーサイの市場に立ち寄ってタイパンツを購入しました。帰りのバスは夜だからもっと寒くなるかな?と思い防寒対策。

メーサイのバス停近くの中華

ふたたびバス停へ戻ってきました。

バスの発車まで時間があるので、遅い昼ご飯に。

メーサイの中華

ネットでどなたかが口コミを書いていた、中華を食べました。

メーサイの中華

15時過ぎくらいに到着したらお客さんゼロ。店員さんも暇そうです。

 

メーサイの中華

メーサイの中華

メーサイの中華

メーサイの中華

メーサイの中華

メーサイの中華

200バーツを超えるメニューから、40バーツ前後のものまで様々。

 

メーサイの中華

↑台湾料理屋さんでよくある混ぜそばみたいなやつです。麺がインスタントだったのが残念。手打ち麺かと思ってたのに・・・40バーツなら仕方ないか。

でも味は美味しい。

 

↑小籠包70バーツ。底に薄切りニンジンが敷いてあってかわいい。汁がいっぱい入ってるので熱いけど、美味しい。

 

メーサイの中華

↑麻婆豆腐130バーツ。油分が多いけど豆腐いっぱい。ちょっと喉にピリッとするけど優しい味です。個人的には山椒をもっともっと効かせて欲しかった。

バス停から徒歩1分くらいの近さ。

 

バス停周辺はこの中華以外にも食堂は複数アリ。メーサイ・タチレクはごちゃごちゃしててあまり好きじゃないですが、バス停まで戻ってくるとほっとして精神的にもゆっくりご飯が食べられます。

お腹いっぱいになったらまたバスで5時間弱かけてチェンマイへ。1日仕事ですね・・・。

 

コメント